ディルタニア戦略本部発表

【ヤード北部をならず者が不法占拠】
北部ヤードの一部地域に人民革命連合を名乗る集団が現れ一帯を不法占拠している。
このならず者集団を当然のことながら帝政ヤードはその一切を認めず排除する構えだが

同地域の親愛なる帝国民の安全を確保することが第一である。

このならず者集団はあろうことかかつてのヤードゴニエのごとくこの地に社会主義を

地中深くから掘り起こしその化石を博物館のように展示しようと躍起になっている。

旧時代の遺物を眺め嘲笑するにはもってこいの娯楽ではあるが我々帝政ヤードは

昨今のヤード周辺情勢を含むディルタニア情勢に少々憎悪すら覚えておりこのならず者共を

見せ物として置いておく慈悲は持ち合わせてはいない。

またベロヤードがこのならず者に不快感を示しつつも条件次第では今後支援を含む何らかの

接近を企んでおり警戒が必要である。
そもそもベロヤードの独立は我々の手無くしては成り立たず、また我々とベロヤードは兄弟として

歩んでいくことを約束したはずである。
それを反故にしあろうことか社会主義勢力に政権を委ねてしまう愚かさはいくら同じ

ヤードの民としても神経を疑う。
彼らベロヤードには早急に人民戦線を解散し正常な状態に戻って頂きたい。
そのためにはまずチェルネンコ大統領を叩き起こす必要がある。
もちろん現状で言えばベロヤードの民主自由党に対して多大な支援をしなければならないだろう。
つまり、陛下の言葉を借りればジリノフスキー氏は優秀でチェルネンコには治療が必要である。

Leave a Reply