ディルタニア戦略本部再編

【ディルタニア戦略本部再編】

ヤードを取り巻く情勢、またディルタニア各地の政情変化に対して迅速な対応を

行うため設立されたディルタニア戦略本部だが、昨今の戦略本部の動きに関して

大臣会議シドルフ・ライドン議長は一喝。
本部人員の刷新と戦略計画の再編を決定した。
新たに本部長に就任したのはリディア・ライチ。

彼女はルード時代に民族同盟最高幹部として建国や王政復古時にも尽力し親衛部隊を率いた。
それら功績からもライドン議長の信頼は厚い。
しかしながらライチ新本部長は元々セッズルード時代はセッズ共産主義者同盟に

いたこともあり周囲では懸念する声もある。

「ヤードにとって最良の選択を常に行い進めるために通常の外交部などとは別に特別に

ディルタニア戦略本部を置いたにも関わらずその体たらくぶりには飽き飽きしていた。

生温い感覚の持ち主ならいらないわけだ。
そういった温さが北部地域のならず者の助長を呼びベ口ヤードの転換を招いたと言える。
私や大臣会議が尻拭いをしなけりゃいかないならそもそも戦略本部など必要ない。
陛下もそして親愛なる帝国民もガッカリだ。そんなヴォーシェ(クソ)共には消えてもらおう。

帝益にならない。
その点リディアはやってくれるさ。彼女はわかっている人間だ。
彼女が元々セッズの共産同にいたことは確かだがそれは彼女があの忌ま忌ましい

共産同議長を暗殺したいという野望があったからだ。
凄いバイタリティーじゃないか。それが事実だ。
そもそも共産同にいたことを懸念するなら俺も下部組織の革命者同盟にいたんだ、それも幹部として。

だがまったく問題ないだろう。」

といったようにライドン議長のライチ新本部長の評価は高くそれだけに今までの

ディルタニア戦略本部の動きに苛立ちがあったことが伺える。

また新本部長も就任会見を開いた。

「まず、戦略本部はヤードにとって重要視するべきディルタニア各国との関係構築を目指す。
と、設立の概略にはあるけどね、もちろんそうなんだけどさ、前本部は色々と遠慮しすぎだと思うわけ。
ライドン議長も一応陛下の面目もあるから配慮してたみたいだけどウチらのヤードはヤードらしくあるべきじゃない?でしょ?
いいじゃない、大ヤード主義とかさ、大々的に掲げちゃおうよ。
そのへん曖昧にするから変な奴らが色々言うのよ。
隙をついてベロヤードとかで政変とか起こっちゃうわけ。北部でならず者が湧いて出てくるわけ。
つまりね、戦略本部の本質は、ヤードの国益・・・

あっ帝益?まあどっちでもいいけどそれにならなきゃいけないのよ。
そのための本部なんだから。それが第一なの。帝国の利益と陛下の利益、それが重要。
まあぶっちゃけそんな感じよ。私もね、戦略本部長とか正直面倒と言えば面倒だけどさ、

だって、就任したらやっぱラフなトークとかできないし。え?してるって?なにが?

あっ今?え?これでラフなの?マジェ?それやばくない?
んーー・・・そうだね、確かに・・・陛下もホントはもっとラフなんだけど外交上は

頑張ってるもんね、ヴォーシェとか言わずに。

ええ・・・と、それで?ああ、ディルタニアの戦略計画ね、新しいやつ。
今本部自体の人員が大幅に変わったからこれから再編・策定させる必要があるけども・・・
とりあえず北部の人民革命連合とか言うならず者は近日中に壊滅させます。

赤い旗ふってんのは全滅です。
アレを誰が承認しようが誰が関係しようがあそこはヤードの地であることに変わりはないからね。」

終始、この調子で喋り続けたリディア・ライチ新本部長。
公式な場に出るべき人間性が備わっていないのでは?という批判的な声も聞こえる。

「え?なんで?私が?それは驚きだわ、なんでよ?
だって国際的な外交や会議の場でも罵詈雑言や汚い言葉で罵り合ったりしてるじゃない!?
アレはよくてコレはダメなの?同じだと思うけどなー、いや、同じっていうか罵り合いの方がやばくない?
まあどうにか最善が尽くすよーうん」
と笑顔で手を振り会見場を後にした。

近日中にはディルタニア戦略の全容が固まる見通しだ。

Leave a Reply