【神州との同盟関係を強化】

【神州との同盟関係を強化】
もはや歴史的友邦となっている神州人民共和国と改めてその関係の確認とさらなる強化を視野に入れた形で合意に至り締結された。
これにより名実共に同盟関係が構築されたことになる。

【ルゥシア評議会連盟への軍事費を増資】
ネルヴィルに存在するヤードルヴィエ連邦構成国であるルゥシア評議会連盟への政策方針が修正され速やかに展開されている。
かねてより工業生産力を重視する政策をとり連邦中央への商品供給、資源供給を行ってきたが、今後連邦中央方針の中でネルヴィル方面の重要性が高まりこれにより大幅な軍事予算が充てられる。
最終的には連邦中央と同等の予算を目標としている。
またネルヴィル戦略本部が正式に稼働すればルゥシア評議会連盟自体への連邦内権限も増加させる方針であり活発化する見込み。

【アーネスリヴァーダに】
アーネスリヴァーダが独自に都市警備強化を名目にティレルワース連邦のPMCと独自に雇用契約を結んでいることが明らかになった。
契約を結んだのは、
Mace*of*Coward*Inc.『メイス・オブ・カワ*ード』とLa*defense*de*serpent*S.A『ラ・デファン*ス・ド・セルパン』のふたつの団体。
それぞれ二社より数名ずつすでにアーネスリヴァーダ入りしているとのこと。
アーネスリヴァーダ側の声明として
『つい先日の警察署襲撃事件など、都市内部の武装勢力の勢いは常に上昇しておりいつ重要な資産が破壊されるかわからない状況のため警備の強化は必須となります。
そのため世界的にも有能であるティレルワースのPMCを雇い入れるのは最も現実的かつ安全な策なのです』

としているが、メイス・オブ・カワ*ードもラ・デファン*ス・ド・セルパンもどちらも一種独特の組織形態、得意任務を有しておりヤードルヴィエ最高ゴニエとしてさらなる警戒が必要となっている。
またこの件を自治の範疇を越えているとして停止させしかるべき措置をとるべき、さらにはアーネスリヴァーダを解体させるべきだとする声もあるが、
アーネスリヴァーダからの税収が800億を越えさらにまだ上方に推移する見通しであり国家財政的には不可欠な存在となっておりその不可侵の度合いは増すばかりである。

Leave a Reply