国家経済産業責任者罷免/シヴォルツク鉄道完成間近

【国家経済産業責任者罷免・全権利剥奪処置】
昨今の経済の落ち込み、赤字転換に関する責任を負う形で経済産業部門責任者アリャス・ハギンスキー他担当者数名を罷免。

さらには皇帝親衛隊によって身柄を拘束した。
彼らには即刻等しく、全権利剥奪という処罰が与えられ帝民の持つ全権利と所有している全財産が没収となった。
国家経済の大幅な落ち込みを阻止できずこのままの予測では破綻する可能性も高いことからその責任は大きい。
またアリャス・ハギンスキーは罷免される以前に赤字転換の原因を陛下自身の政治的変化と怠慢にありアーネスリヴァーダを中心に蔓延している退廃的感覚が今まで真摯に営んできた帝民の感覚も狂わせたことが原因としていた。
それら発言によって、国家反動罪も付加される見通し。


【シヴォルツク鉄道完成間近。しかし線路爆破予告あり】

国内の東西を横断する世界最長規模の鉄道、通称シヴォルツク鉄道が間もなく完成を迎える。
完成に向けての最終調整として試運転を行っているがここにきて線路の爆破を予告する通信が相次いで入っており警戒を強めている。

Leave a Reply