帝政ヤード報道

【クラトニア・青年団の行動を賞賛】
クラトニアにてひとつの波となりつつある、クラトニア人民ファッショが結成した、

大学生を中心とした組織「青 年団」。
この動きを皇帝陛下は賞賛している。
すでに我が国でも若者層を中心に拡がっている親衛組織やファシズム団体も

クラトニアには注目しており団体同士の連帯を図ろうとする声も上がっている。
またそういった動きと合わせ国内経済の発展が目まぐるしく向上しており流れを後押しして いる。

【ベロヤード情勢に介入示唆】
我々帝政ヤードはベロヤードとの協調路線、ひいては連邦化も当然視野に入れ行動して いる。
ヤードをひとつにすることは民族的、地域的な意味合いだけでなく

国家として経済面、文化面などすべてにおいてお互いにメリットがありそのメ リットが

ベロヤード国民、ヤード帝国民問わずすべてが享受できるからだ。
つまり民主化ベロヤードは民主化を掲げながら民に苦境を強いることになる。
よって民を考えればこれを断固として廃絶しなければならない。
そのためには我々はあらゆる手を講じる用意がある。

Leave a Reply